名付けのルール|子供や会社、SNSで使用する名付けには姓名判断が最適
星座

名付けのルール

おみくじ

待ちに待っていた赤ちゃんが生まれたとき、可愛らしい赤ちゃんの寝顔を見て、幸せな気持ちで胸がいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが産まれたあと、すぐにでも決めなくてはいけないのは名付けです。
一般的に産後14日以内に赤ちゃんの名前を決め、出生届というかたちで最寄りの役場に提出することが法律で決められています。

どの名前がよいかアレコレ悩んでいると、この14日ルールをうっかり過ぎてしまう事もあるため、スピーディに名前を決めてあげることが大切です。
赤ちゃんの名前に悩んだとき、おすすめの方法があります。姓名判断という日本に古くから伝わる占いです。

この占いは、苗字と名前の相性やバランスを見て、総合的に運気のよい名前を提示してくれる方法です。
複数候補にあがった名前から、一番運気の強い名前を見定めることもできるため、赤ちゃんの名付けに悩んでいる方にぴったりです。

名付けという作業は、私たちが思っている以上に子供の人生を大きく揺るがすビッグイベント。
最近はキラキラネームと呼ばれる、アニメのキャラクターのような輝かしい名前も流行っています。
しかし、これから育つ赤ちゃんの一生を思うと、安易にその場の雰囲気や流行だけに判断されてはいけないものだと思います。

姓名判断などの占いは、由緒ある名付け方法として著名人や芸能人も利用してきた伝統の手法であるため、安心です。
「産まれてきた赤ちゃんに幸せな未来を用意してあげたい」そう願うパパやパパ、おじいちゃん・おばあちゃんは、ぜひ姓名判断などの占いをチェックして欲しいと思います。